塗替えで失敗したくないと真剣にお考えのあなたへ 

三河職人からの熱い思い

 

下請けから直接自社施工へ

 

torakku
当社は昭和39年創業以来45年を過ぎました。
私が5歳のころ、父である代表親方、山村隆義は中古の自転車のうしろ荷台にペンキを乗せて、肩にはしごを背負って現場に行き来したそうです。

高度成長期を経験しながら規模は小さいながらも,その基盤を作り上げました。その父が50代半ば腰痛を発症したころ、長男であった私は塗装屋の代を継ぐことにしました。

創業当初から数年前まで当社は大手ゼネコンとの付き合いは無いものの地元工務店、大手リフォーム店、複数のハウスメーカーの下請けをメインに営業を続けてきました。そのため、お得意さんの恩義を忘れることは片時もありませんでした。
 時代は流れ、バブル崩壊、日本の経済は徐々に右肩上がりから浮き沈みの激しい状況に変わりつつあります。
厳しい経済状況の下、各企業が生き残りをかけた戦いが始まりました。  

 当然建築業界、リフォーム業界もその例外ではありませんでした。下請けをメインとした塗装店はお得意さんの景気に当然左右されます。仕事が取れない、値段のたたき合いの中で直接現場で作業する職人たちに「手抜き」、「ごまかし」、「首切り」、「値引き」、「減額」など目に見えるものから目に見えないものまで、あらゆる「圧力」が掛かるようになりました。

 職人たちはこのような環境下で危機感を持ちながら本来第一のお客様であるお施主様よりも直接仕事をいただく関係にあるお得意様の顔色をうかがいながら仕事をしなくてはならなくなりました。

 ペンキの塗替えはお客様のリフォームの夢をかなえる事なのにいつの間にかお得意様の利益追求と存続の手助けがその第一の目的に変わってしまいました。

 (誤解を避けたいのは)下請けの状況でも「手抜き」知らずの良心的な塗装屋さんもたくさんおられます。しかし数回の赤字を受け入れても度重なる赤字を享受できる力のある塗装屋さんは多くありません。

 当社はこのような状況の中で長い時間もがき苦しみました。下請けの立場では理想的な塗替えをすることが出来ない、多くのお客様に納得の行くリフォームを提供するためには自社が直接お客様のご要望を真摯に耳を傾けそれを自社の施工で叶えることだと結論に達しました。(写真は創業当時初めて手に入れた中古のトラック、私と弟)

 

丁寧さだけは、絶対にまけない!

 titiwatasi
長い塗装屋稼業、お得意さんに名前を覚えていただけても一般のお客様には知名度はゼロに等しかった。
当然です。宣伝、広告、チラシなど一度もしたことがありまませんでした。当社の事務所、倉庫にも案内看板すらありません。作業車にも会社名を外してずいぶん経ちます。

それから私なりに自社の宣伝活動を開始しました。

「あなたの人間性に掛けて見る」「あんたの誠実さを信じるわ」「人生最後の塗替えをヤマムラさんに任せることにした」「任せて安心ね」、いつしかこのような期待をかけられる塗装屋に少しずつ進歩する事が出来ました。

当社を信じていただいたお客様の夢をかなえるために毎日一生懸命、真心込めて、丁寧なプロとしての技能をあますことなく発揮しております。

ですから、同じ条件、同じ金額ならどこの塗替え業者よりも「いい仕事」が出来るのです。(写真は父と私)

 

 

あなたの夢かなえます

 
 大企業や有名工務店などのブランドにこだわりが無く、塗替えで大切なお金を無駄にしたくない方、専門店だけにしかない感動の「塗り替えリフォーム」の全てをお知りになりたい方は、ぜひ一度、お尋ねください。

 もちろん、押し売りや強引な営業は一切いたしません。
 この私がお約束いたしますから。 

nidaime

あなたの夢かなえます
 豊橋市曙町在住
 塗り替え名人
 二代目親方
 山 村 雅 春